カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

精力剤成分【ムクナ】の働き

精力剤成分・ムクナの働き

※一般的に言われている働きについてご紹介します。

インドのアーユルヴェーダでさまざまな働きを発揮してきたムクナ

ムクナというのはインド原産のマメ科の植物です。

医学的に高い評価を受けている、インドの漢方医学ともいえるアーユルヴェーダにおいて、もっとも代表的な生薬です。

特に精力剤の成分としても世界的に注目されています。


Lドーパとは?

ムクナに含まれるLドーパという成分には、気持ちが高まる作用があるといわれています。 

この成分は他の植物にも含まれているのですが、ムクナは根、茎、葉、さや、豆など全体に含んでおり、その含有量は他の植物とは比較にならないほど多くなっています。 

主成分には

  • フェニルアラニン
  • メチオニン
  • リシン・ロイシン
  • イソロイシン
  • ヒスチジン
などの、必須アミノ酸が多く含まれています。 


気持ちが高まる仕組みとは?

Lドーパにはテストステロンに働きかける作用があります。

※テストステロン・・・別名男性ホルモン。男性の性欲に関係するホルモン(一般論)

このホルモンが活性化されることにより、性的興奮が高まりやすくなると考えられています。

ドーパミンは40歳くらいから衰退していきますので、加齢による性欲減退には精力剤としてLドーパのたっぷり含まれたムクナを飲用するのがおすすめです。


ムクナに副作用の心配は?

ムクナに含まれる主成分

  • エネルギー
  • 炭水化物
  • たんぱく質
  • 脂質
  • ミネラル など

大豆やソラマメと同じく、マメ科の食品ですので、精力剤に配合されていても適量であれば副作用を起こす心配はないと言われています。

ただし、多量に摂取すると、Lドーパの含有量は非常に多いので、あまりに多く食べ過ぎると、低血圧や幻覚などの症状が出る可能性はあるようです。


※一般論です


ページトップへ