カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

精力剤成分【アルギニン】の働き

精力剤成分・アルギニンの働き

※一般論的に言われている働きのご紹介です。

アルギニンが不足すると

アルギニンは天然に存在するアミノ酸のひとつで、様々ありますが、中でも注目されているのが、性機能の成長ホルモンにかかわる働きです。


性機能

アルギニンは精子の源となり、さらにその数を増やして活発に動くようになるといわれています。

不足すると、男性不妊症の原因になってしまうこともあります。


成長ホルモンの分泌

アルギニンは成長ホルモンの分泌促進にも期待されています。

また、ダイエットをしている方にもおすすめの成分です。


上手な摂取方法

アルギニンは体内でもグルタミン酸から生成されますが、その量は充分とはいえず、足りない分は体外から摂取しなくてれはなりません。

食べ物ではきゅうり、大豆、ひまわりの種、落花生、ごま、くるみ、鶏肉…などに多く含まれています。


サプリメントや精力剤でも

アルギニンはサプリメントや精力剤などでも摂取することができます。

サプリメントの場合だと主にアンチエイジング、精力剤だと主に精力増進や性機能の改善の効果を狙って配合されています。


副作用について

アルギニンは毎日5g以上摂取すると下痢の症状が出ることがあります。

また、肝機能が低下している方が1日40〜50g以上摂取すると、肝臓に悪影響があるともいわれています。

サプリメントなどで摂取する際にはこれらの点を頭に入れておいてください。


※一般論です



ページトップへ