カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

精力剤成分の働き

精力剤成分・トンカットアリの働き

トンカットアリは精力剤として注目されている天然の植物で、マレーシアでは栄養ドリンクとしてコンビニなどでも販売されています。 

>>続きを見る。


精力剤成分・シトルリンの働き

シトルリンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、1930年に日本人によって発見されました。水に溶けやすく、体に消化されやすいという特徴があるので、ドリンクやサプリなどの形で商品化されています。

>>続きを見る。

精力剤成分・アルギニンの働き
アルギニンは天然に存在するアミノ酸のひとつで、活力あふれる元気な毎日を送りたい方に人気の成分です。

その中でも特に注目を集めているのが精力剤としての働きです。

>>続きを見る。

精力剤成分・亜鉛の働き

亜鉛は体内の約300種類の酵素の組成に必要なミネラルです。

精力剤の成分としても人気の成分です。

>>続きを見る。


精力剤成分・ムクナの働き

ムクナというのはインド原産のマメ科の植物です。

医学的に高い評価を受けており、インドのアーユルヴェーダにおいて、もっとも代表的な成分として使用されています。

>>続きを見る。


精力剤成分・ガラナの働き

精力剤に含まれることの多い成分のひとつである「ガラナ」。

このルーツは非常に古く、ブラジル熱帯雨林の原住民の間では何千年も昔から食されてきたと言われています。

>>続きを見る。


精力剤成分・マカの働き

南米ペルー・アンデスの高地のアブラナ科の植物で、ここ最近さまざまな精力剤に含まれることが多くなってきた「マカ」。

その精力剤としての働きは今では全世界に広く知られるようになりましたが、南米諸国の人々の間では昔からよく知られており、食用として珍重されていました。

>>続きを見る。



漢方の精力剤としての働き

漢方の中には精力剤として働きがあるものが様々ありますが、その選び方はくれぐれも慎重に。

漢方の精力剤による健康被害の報告は日本国内だけでなく、世界中で相次いでいます。 

>>続きを見る。



ページトップへ