カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

精力剤成分【トンカットアリ】の働き

精力剤成分・トンカットアリの働き

※一般論的に言われている働きのご紹介です。

原産地マレーシアで男性としてのパフォーマンスを高める薬草として、昔から食されてきた精力剤


トンカットアリは精力の衰えを感じている方におススメの働きのある天然のハーブ。

インドネシア・マレーシアなどでは栄養ドリンクとしてコンビニなどでも販売されています

日本でもその精力剤としての効果に徐々に注目が集まるようになってきました。


先住民族に飲用されてきた「トンカットアリ」

トンカットアリは昔からマレー半島の先住民族オランスアリによって根っこを砕いて煎じて飲まれてきました。
活力向上の働きがあると言われており、トンカット・アリの根っこに含まれている成分は、男性の活力に働きかけると言われています。

そのおかげか、トンカットアリを日ごろから愛飲している、先住民族オランスアリは10人以上という大家族が今でもまったく珍しくありません。


栽培の難しい貴重なハーブ(天然薬用植物)

トンカットアリは栽培することの難しいハーブなので、ジャングルに自生しているものを採取しなくてはなりません。

しかし、その自生している場所はオランスアリなど一部の人にしか知られておらず、素人がジャングルに入ったところで見つけることはまず不可能。 長期間かけてじっくり成長し、直径15センチの幹になるのに約10年を要します。

そのうえ、男性の活力に関与する成分は根っこの部分にしか含まれていないので、食用として供給できる量はほんのわずかでしかないので、とても貴重なハーブとされています。


トンカットアリの働きは?

トンカットアリは、男性のエネルギッシュな毎日を力強くサポートする成分が非常に多く含まれています。

アメリカのマサチューセッツ工科大学とマレーシアの研究機関との共同の研究により、健康的な毎日を過ごすためにも役立つことが明らかになっています。

トンカットアリの研究は現在も続けられています。


副作用の心配はないの?

トンカットアリは天然のハーブで添加物も含まれていませんので、副作用の心配がなく、安心安全な精力剤の成分として注目されています。


※一般論です



ページトップへ